北海道

北海道

世の中に希望の光。開拓や進出での神社の成り立ち

北海道にはたくさんの神社が存在しています。
したがって、神社めぐりをしたい方にとってはとても楽しい地域となっています。
北海道にある神社は4種類に分けることができます。

まず、江戸時代以前から和人が進出することによって造られた神社です。
そのような神社の代表として、姥神大神宮や函館八幡宮があります。
また、明治維新の後に国の要請によって造られた神社として、北海道神宮や北海道護国神社などがあります。

他にも、開拓民や屯田兵が入植した際に造られた開拓神社があるのが特徴的です。
鳥取神社や新十津川神社が開拓神社の代表となっています。
鉱山を鎮守することを目的とした神社もあり、それらの代表として夕張神社や幌内神社があります。

このように神社といっても、それが造られた経緯はさまざまなのです。
どのような理由によって建てられたのかにより、それぞれの神社の特色が異なっています。
北海道の神社を訪れようと考えているならば、それぞれの神社にどんな歴史があるのかを調べてみましょう。

歴史を知ることによって、どんな目的を持って建てられた神社であるのかを理解できます。
神社というのはその周囲に住んでいる人にとっては心の支えとなっている存在でした。
神社があることによって、辛い世の中に希望を持つことができて、この世界を生きていこうという強い意志を人々が持てたのです。
そんな北海道にある神社を十分満喫しましょう。

北海道の神社を楽しむ

当サイトでは北海道の神社として札幌八幡宮や相馬神社、北海道護国神社を紹介しています。
これらの神社は北海道を代表する場所であり、色々な特徴があります。
実際に訪れてみる前に、どのような神社であるのかきちんと情報を得ておきましょう。

旅行で神社めぐりをするつもりならば、北海道の良さを満喫しながら、気軽に神社に立ち寄りましょう。
神社というのは人々に開かれた存在であり、そこを訪れる人達の気持ちを癒してくれます。
北海道の神様が祀られている神社もあり、大きなパワーを得ることができるでしょう。

北海道は自然が豊富に残されているのが特徴の一つですが、神社へ行けば色々な自然を見ることができます。
他の地域の神社との違いを意識して注目してみるのも楽しいでしょう。
どのような楽しみ方をしても自由なため、自分なりの神社の満喫法を考えてみましょう。

ただし、きちんと神社のマナーを守ることは大切です。
神様が祀られている神聖な場所であるということの自覚を持ちましょう。
きちんとマナーを守ることができるならば、どのような人でも神社は待っています。

北海道の神社を訪れることによって、北海道という土地にも愛着を持つことができるようになるでしょう。
色々な神社に行ってみてください。