【関西】京都

古い歴史を持つ土地

京都といえば神社を思い浮かべる方も多いでしょう。
たくさんの神社が市内に存在しています。
かなり歴史の古い神社もあり、修学旅行で訪れたことのある方もたくさんいることでしょう。

京都では最古の神社とされている場所の一つが世界遺産である下鴨神社です。
広大な森に囲まれており、こちらも世界遺産の一部となっています。
京都三大祭りの一つである葵祭は5月15日に行われます。

この祭りは平安時代の王朝絵巻を再現するものとして有名であり、観光客がたくさん集まります。
平安時代の衣装を身につけた人達の行列が歩いていきます。
その目的地となっているのは上賀茂神社です。

上賀茂神社も京都市内にある神社の中では最も古いものの一つとされています。
境内には立砂があり、円すい形をしていて、かつて神様が降臨した時の神山を表現しています。
京都内でも特徴的な砂盛りとなっており、一見の価値があります。

とても静かな雰囲気の神社であり、下鴨神社からの流れでこちらへ訪れる方が多いです。
世界文化遺産となっています。
くすのきの化石でできている長寿橋と呼ばれる橋があり、ここを渡ると長生きできるとされています。

酒造の神様として有名な松尾大社には境内に京都三名水の一つとされている亀の井があります。
湧き出ている水を飲むことができて、とても美味しいです。

安産の神様として有名な神社にわら天満宮があります。
戌の日になると、妊娠五ヶ月目の妊婦さんが多数訪れます。
金閣寺へ向かう途中に位置しているため、観光旅行の際には立ち寄りやすいです。

このように色々な神社が京都にはあります。

京都の神社を楽しむ

当サイトでは京都の神社として猿丸神社と天神神社を紹介します。
どちらも、神社として個性豊かであり、訪れてみれば色々と楽しめるでしょう。
他にもたくさんの神社があるため、興味のある方は調べてみましょう。

それぞれの神社には独自の歴史や由緒があります。
特に京都の場合は歴史的、文化的に価値の高い神社が多いため、とてもためになります。
京都という土地の歴史の長さを感じることができるでしょう。

上記で紹介したもの以外にも有名な神社としては、たとえば八坂神社があります。
こちらは毎日のように多くの観光客で賑わっており、紅葉や桜を楽しむこともできます。
平安神宮には日本では最大規模の大鳥居があります。

広大な境内の中は歩いているだけで気持ちが良くなります。
時代祭が行われるため、観光客に人気のスポットとなっています。

稲荷神社の総本宮である伏見稲荷大社があります。
こちらは初詣には250万人もの来場者が来るとされています。
千本鳥居や白狐が有名です。

有名な神社だけではなくて、無名の神社の中にも京都には歴史が深くて興味深い場所が多いです。
京都の神社はとても奥が深いです。