【東北】宮城

外界と異なる神聖な雰囲気

宮城には神社が約1,000近く存在しています。
その中には歴史が浅いところもあれば、かなり歴史のある神社も存在しています。
それらすべてをチェックすることは難しいため、当サイトでは厳選した二つの神社を紹介しています。

宮城県の神社に関しては基本的に宮城県神社庁が包括して管理をしています。
神社庁というのは、伊勢神宮を本宗としている神社が全国に8万社近くあり、それらを包括する神社本庁の地方機関です。
各都道府県に神社庁が置かれており、それぞれの神社のPRをしています。

もし宮城県の神社に関して知りたいことがあるならば、宮城県神社庁に問い合わせをしてみましょう。
神社庁には19の支部が宮城県下に存在しており、それぞれ多数の神社を管理しています。
四季折々の色々な祭りが行われたり、地域に根ざした独自の活動を神社が行っているケースもあります。

神社という伝統文化を守るために、それぞれの神社は特徴的な活動を展開しているのです。
そのため、神社というのは地域住民と密接な関係があり、昔から現在に至るまで深く関わっています。
神社があるおかげで、その地域の人達が安心して生活をすることができるのです。

神社の境内は自然環境が豊富に残されていることが多く、神聖な雰囲気に包まれており、外界とは異なる世界が形成されています。
日々の喧騒に耐えられなくなった方は、神社を訪れてみて、その雰囲気を楽しむとよいでしょう。
神社というのは人の心を落ち着かせてくれる機能を持っているのです。

宮城県の神社の魅力

当サイトでは宮城県の神社として、羽黒山鳥屋神社と鹿島御児神社の紹介を行っています。
これらはそれぞれに魅力のある神社のため、ぜひとも訪れてみてください。
基本的に神社は一般に開放されているため、気軽に中へ入ることができます。

もちろん、神社の敷地内に入るのであれば、そこでのルールをきちんと守ることが大切です。
鳥居をくぐる時にはきちんと会釈をして、境内ではまず手水舎で手を洗うことにより、体を浄めます。
ご神前ではきちんと会釈をして、賽銭箱にお賽銭を入れて、二拝二拍一拝の作法で拝礼をしましょう。

このような基本的なマナーを覚えておけば、宮城の神社に限らず全国のどの神社に行ったとしても、きちんとマナーを守ることができるでしょう。
参拝の礼儀を知ることによって、きちんと神様の前へ行くことができます。
そうすれば、きっと神様もあなたのことを見守ってくださることでしょう。

それぞれの神社には異なる神様が祀られており、それぞれ色々な名称があります。
学問の神様であったり、安全祈願の神様であったり、恋愛の神様などもいます。
どのような神様が祀られているのかを調べることによって、その神社のことをよく理解できるでしょう。