【関東】東京

東京

都心にあるバラエティ豊かな特色

東京には長い歴史の中で色々な神社が生まれました。
その中には独特の風格を持っているところもあり、ユニークな神社も存在しています。
数多くの神社がそれぞれの地域に存在するため、東京に住んでいる方はもちろんのこと、観光や出張で訪れた方も色々な神社を楽しんでみましょう。

現在、東京には約2,000もの神社があるとされています。
その中でも代表的なものとしては、靖国神社や東京大神宮、日枝神社、明治神宮、大国魂神社といったものがあります。
これらは特に有名な神社となっています。

大國魂神社とは、大国魂大神がこの地に現れた際に祀った社が起源とされています。
東京では最も古い鎮守であり、大化の改新の頃にはすでに存在していました。
とても広い敷地が特徴的であり、アクセスは京王線の府中駅から歩いて5分ほどとなっています。

とても威厳のある雰囲気が漂っており、東京の神社としてぜひとも訪れてみたい場所です。
東京大神宮というのは明治13年に創建されたものであり、東京の御伊勢様といわれています。
最初は日比谷にあり、その後大震災により飯田橋に移り、戦後は東京大神宮と改めました。

こじんまりとした土地の中にあり、伊勢神宮を模した造りとなっており、小さな伊勢神宮といった趣を感じられます。
良縁が可能となるとしてパワースポットの一つとして注目されています。

明治神宮や明治天皇が崩御された後に造られた神社です。
国民からの建設運動があり、大正9年に創建されました。
現在では、初詣客の数は全国1位であり、今でも変わらず大きな人気を誇ります。

外苑も実は明治神宮の一部です。
神宮にある広大な森は内苑であり、表参道はこの内苑と外苑を結んでいます。
このように全国的にも知られている神社があるのが東京の特徴です。

都内の神社を楽しむ

当サイトでは、都内にある神社の中から、諏訪大地主神社と日枝神社水天宮、そして、鷺宮八幡神社を紹介します。
東京にはこれ以外にも非常にたくさんの神社が存在しているため、神社好きの方にはたまらない地域といえるでしょう。
神社は自然に溢れているため、都会のオアシスとしても親しまれています。

全国的にもユニークな神社が集まっているのが特徴です。
珍しい狛犬が置かれていたり、ビルの中に神社があるケースも珍しくないです。
境内にカフェが建設されている神社もあります。

興味のある方はインターネットで調べてみることにより、非常にバラエティ豊かな神社が揃っていることが分かるでしょう。
東京には神社がないと考えている方がいるかもしれませんが、むしろ他の地域と比べてもかなり神社の数が多い地域です。
知名度の高い神社だけではなく、知られざる神社を訪れてみるのも楽しいものです。